個人開業医の税額控除(商業・サービス業等活性化税制)

商業・サービス業等活性化税制は、医療業は指定事業から外れているため、適用を受けることはできません。しかし、介護事業で使用する固定資産であれば適用を受けることができます

対象資産は、器具備品と建物附属設備に限定されています。例えば、介護事業で取得するエアコンにより、経費が削減できる等、経営改善に効果があると説明できれば、税額控除の適用を受けることができます。

 

中小企業経営強化税制は、こちらをクリック

中小企業投資促進税制は、こちらをクリック

償却資産税の軽減特例は、こちらをクリック

0