医療法人の概算経費特例

概算経費特例は、個人開業医(措法26)だけでなく、医療法人(措法67)でも適用を受けることができます。

試算してみると分かるのですが、医療法人の場合は、役員報酬が高額になることから、概算経費特例を使わずに、実額経費を選択する方が有利になることがケースが大半であると思います。

 

0