医療法人化と債務の承継

医療法人化のときによく問題になる論点の1つが、個人開業医時代の借入金の引継ぎです。

法人化の際に、「拠出する資産と紐つきの借入金」は、資産とともに医療法人へ引き継ぐことが可能です。しかし、個人開業医時代の「運転資金のための借入金」は、医療法人に引き継ぐことは認められません。つまり、この運転資金のための借入金は、医療法人化後に支払われる役員報酬から返済しないといけないことになります。

法人化を提案する際には、事前に説明すべき事項となります。