MS法人の役員との兼務

認定医療法人の申請にあたって、医療法人の役員と、MS法人の役員を兼務している人がいる場合には、見直しを行う必要があります。

兼務については、厚労省が独自に判断するのではなく、各都道府県の取扱いに合わせるようです。

都道府県によって多少の違いがあるのかもしれませんが、医療法人の平の理事と、MS法人の平の取締役の兼務も問題となります。

兼務が認められるケースもありますが、認定医療法人の申請にあたっては、申請前に解消しておく方が安全です。

医療法人の役員と営利法人の役職員の兼務について

なお、医療法人の社員と、MS法人の役員の兼務については、認定医療法人の申請にあたって、特に問題とはなりません。