基金型の持分なしを選択する理由

持分なし社団医療法人は、選択により基金制度を採用することができますので、「基金あり」と「基金なし」の2種類があることになります。しかし、なぜほとんどの新規設立の医療法人が基金型を選択するのでしょうか?

それは、運転資金の拠出に対して、財産の寄附があったとして、贈与税課税(相続税法66条4項)される可能性があるためです。

基金とは医療法人からすると、金銭での返還義務を負う債務です。理事長が基金を拠出する場合には、利益相反行為に該当して、理事会決議が必要になります。

医療法人の基金については、厚生労働省から通知が出ています。

0