グーグルマップを活用した患者分布図

【簡単作成】患者分布図の作り方

一般的な方法として、クリニックの周辺地図を購入して、患者様の住所がある場所に、シールを貼ることで「患者分布図」を作成することができます。しかし、このように手作りで作成しようとすると、膨大な時間がかかってしまいます。そのため、ITをフル活用して、効率的に作成しましょう。

患者分布図を作成するときには、グーグルマップがとても有効です。院内での準備として、レセコンデータから患者様の住所を、エクセルへエクスポートしておきます。個人情報の観点から、エクスポートするデータは住所に限定するようにしましょう。

最終的には、このエクセルをグーグルマップでインポートすると完成です。イメージは下図のようになります。具体的な作成方法は、下記の2つのサイト等を参考にしてください。