事業再構築補助金の緊急事態宣言特別枠

緊急事態宣言に伴い、拡充された事業再構築補助金の特別枠を解説します。

事業再構築補助金の特別枠の要件

1.売上10%以上減少要件

申請前の直近6か月間のうち、任意の3か月の合計売上高が、コロナ以前(2019年または2020年1~3月)の同3か月の合計売上高と比較して10%以上減少している。

2.事業再構築指針に沿った事業再構築

事業再構築指針に沿った新分野展開、業態転換、事業・業種転換等を行う。

3.認定経営革新等支援機関と事業計画策定

事業再構築に係る事業計画を認定経営革新等支援機関と策定する。補助金額が3000万円を超える案件は金融機関(銀行、信金、ファンド等)も参加して策定する。

補助事業終了後3~5年で付加価値額の年率平均3.0%(グローバルⅤ字回復枠は5.0%)以上増加、または従業員一人当たり付加価値額の年率平均3.0%(同上5.0%)以上増加の達成を見込む事業計画を策定する。 付加価値額とは、営業利益、人件費、減価償却費を合計したものをいいます。

事業再構築補助金の緊急事態宣言特別枠は、上記3つの要件に追加で、下記の要件があります。

緊急事態宣言に伴う飲食店の時短営業や不要不急の外出・移動の自粛等により影響を受けたことにより、2021年1~3月のいずれかの月の売上高が対前年または前々年の同月比で30%以上減少していること。

事業再構築補助金の特別枠の補助額・補助率

この特別枠は、小規模な事業者で、早期の事業再構築のために、早く補助金がほしいといった場合に使いやすい制度です。優先的に審査されるものと考えられます。

「緊急事態宣言特別枠」には、採択件数に限りがあります。ただし、不採択となった場合も、通常枠で再審査がされます。この「通常枠」では、加点措置を行われるため、特別枠へ応募された方は、ほかの申請者に比べて採択率が高くなるでしょう。

gBizIDプライム

gBizIDは、1つのID・パスワードで様々な行政サービスにログインできるサービスです。事業再構築補助金の申請にあたって、gBizIDプライムが必要となります。GビズIDのHPにある「gBizIDプライム作成」からアカウント発行申請ができます。

gBizIDプライムの発行には、申請から通常2~3週間要します(発行申請の状況によっては、3週間以上要する場合がある)。事業再構築補助金の活用をお考えの方は、事前の取得をお勧めします。

通常枠、特別枠ともに、jGrants(電子申請システム)での申請受付が予定されています。公募要領は3月上旬、公募開始は3月を予定されています。

補助金申請をご依頼されたい方へ

2021年注目の大規模な補助金です!認定支援機関に所属する税理士が、補助金に強い経営革新等支援機関推進協議会のバックアップを受けて、万全な体制で、みなさまの補助金申請のお手伝いをさせて頂きます。安心して弊社へお任せください。

少しでもご興味のある方は、「お問い合わせボタン」をクリックの上、まずはメールにてご相談ください。担当税理士から回答いたします。現在、問い合わせが増えてきておりますので、お早めにご連絡ください。

 

 

事業再構築補助金の入門編は、こちらをクリック

事業再構築補助金リーフレット(中小企業庁)は、こちらをクリック

事業再構築補助金の概要(令和3年2月15日・中小企業庁)は、こちらをクリック